アイクーリングのサイトをリニューアルしました

ドライアイスに代わるご遺体冷却安置ベッド「アイクーリング」の 専用サイトをリニューアルしました。 アイクーリング専用サイト→ http://icooling.net/ 製品の特徴や使い方など、詳細な情報をわかりやすく掲載しています。 安心してお使いいただきたいため、 メリットだけでなく、デメリットになることも正直に記載していますので (あからさまにデメリットとして記載…

続きを読む

フューネラルビジネスフェアに出展します

今年もフューネラルビジネスフェア2019に出展し、 ドライアイスに代わるご遺体冷却安置ベッド「アイクーリング」を出品致します。 本体や専用布団については更に改良を加え、 安心してご遺体冷却にお使いいただけるようになっています。 また、会館での安置に対応する専用台も展示致します。 ご来場の際にはぜひアイクーリングのブースへお立ち寄りいただき、 (黄色と水色の看板が目…

続きを読む

ほどなく、お別れです

ニュースサイトで「4回泣ける!」と紹介されていたので、早速読んでみました。 不思議な力を持つ就活中の女の子がアルバイト先の葬儀社で旅立つ者と残される家族の間で起こる不思議な出来事を体験する物語。 死とは、、、別れとは、、、愛とは、、、 色々なことを考えながら、目頭がジンジンしてきて電車の中で泣くのを必死に堪えていました。 考えさせられることはたくさんありましたが、見送る者にとって葬儀…

続きを読む

ご遺体のケアを見て思うこと

先日、ある葬儀社様にお伺いした際、 検死を終えたというご遺体が搬送されてきて ご遺体のケアを目の前で見る機会がありました。 弊社が販売しているご遺体冷却安置ベッドについて ご使用上の問題がないかどうか 実際にご遺体を確認させていただいたことはあります。 ただ、安らかに眠っていただくための準備、、、 ケアを実際に拝見したのは始めてでした。 昔はご遺体に対して 正直…

続きを読む

人はなぜ仕事をするのか?

先日、ある経営者と経営の話をしていた時、 「経営は数字がすべてだ!  数字だけ見ていれば経営できる」 その経営者がそう言ったことに違和感を持ちました。 私は税理士の仕事もしていますので、 様々な企業経営の在り方を数字をとおして見てきた経験から 結果は数字にすべて表れるという意味では ”経営は数字がすべて”は間違っていないです。 けれど、それで数字だけを追っていても経営は成…

続きを読む

Twitterもやってます

弊社では、1年前よりツイッターもやっています。 https://twitter.com/tokilife 主に葬儀関連のニュースや興味のある情報などをシェアする投稿が多いのですが、 仕事をしていて日々感じることをボソっと呟いていることもあります。 よろしければ、ツイッターも覗いてみてくださいませ。

続きを読む

ご遺体の身長、体形は様々です

従来型のご遺体冷却安置ベッドは、首、背中、腰、臀部を冷却できるように7㎝×20㎝の冷却プレートを設置していました。しかし、実際にベッドに寝てみると人によってはくびれた腰に接着しない、頭が落ちて口が開いてしまう、腰が曲がった人では頭が浮いた状態になってしまうなど様々な問題が浮上してきていました。 また、すべての冷却プレートに高さを設けていたので多少、身体が反り返ってしまい、寝ていても少し不自…

続きを読む

フューネラルビジネスフェア2018が無事終了致しました

6月28日~29日にパシフィコ横浜にて開催された 『フューネラルビジネスフェア2018』が無事終了致しました。 ”ご遺族が辛い想いをしないため”を商品づくりの基本としているため、 葬儀社様にご協力いただきながら使い易さと実用性を追求し 抜本的な改良をおこなった新商品を出展しましたところ、 おかげさまで、たくさんの方に興味を持っていただくことができました。 また、お一人…

続きを読む

ドライアイス出荷制限

29日の日本経済新聞朝刊に気になる記事がありました。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32322300X20C18A6QM8000/ ドライアイスの原料である炭酸ガスの不足によりメーカー大手3社が大規模な出荷制限に動き出し、出荷要請に対して3〜5割出荷を減らすとのこと。 ここ数年、ドライアイスの原料不足による値上げはこの時期になると度々ニュース…

続きを読む

アイクーリングのホームページをリニューアルしました

ドライアイスに代わるご遺体冷却安置ベッド『アイクーリング』ですが、 この度、葬儀社様ご協力のもと、大々的に改良をおこないました。 「大切な人を見送る時に使いたいと思う商品にすること」 この想いだけで改良をしてきました。 ” ご遺族のため ”の商品にするということは、 葬儀社様にとって使い易いものでなければなりません。 そのため、商品を使っていただいている葬儀社様に …

続きを読む